ブログトップ

天体感測のススメ

starfeel.exblog.jp

宇宙を感じる生活

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先日の伊勢原市立こども科学館の天体観察会「クーデの日」は
土星、月がメインでした。最後には海王星も見れました。

ボランティアとして参加しているわけですが、
観察会に来てくださった方々に望遠鏡や肉眼で視覚的に見て終わりではなく
見たものについての話をすることで少しでも宇宙を感じる手助けができればと思い、
勝手に!?自作模型などを持ち込んで説明コーナーを作っています。

そして今回は看板を作ってみました。
b0253922_220305.jpg

自分のやりたい「天体感測」という言葉が入っていて結構気に入ってます。

少人数で直接会話しながら説明できる今の形が自分にとってはちょうどいい。
ストリートライブをやっている感じがします。
まだまだネタは沢山あるのでこれからが楽しみです。
[PR]
by star-feel | 2012-08-29 22:21 | 観測会 | Comments(0)
先日の伊勢原こども科学館の観測会でのこと

クーデ式望遠鏡で見た土星の感動を伝えてくれた
小学3年ぐらい(?自信なし)の女の子に聞いてみる。

小生 「惑星と恒星の違いは知ってますか~?」
女の子「恒星は自分で光っててねー、惑星は光ってないの」

こんな小さい子でも知ってるのか、すごいなあ。と感心。
知識じゃなく実際の意味として理解できてるかな?聞いてみよう。

小生 「じゃあさっき見た土星は恒星かな?惑星かな?」
女の子「ん~惑星」
小生 「じゃあ惑星が光って見えたってことは、誰かが土星を照らしてるってことだね。
    誰が土星を照らしてるのかな?」
女の子「ん~」と考え続ける

そうか、これはさすがに難しいみたい
と思ったとき、女の子が元気よく

女の子「魔法使い!」

なんと!ここでファンタジーの世界へ!?

すると女の子のお母さんが
「ほら、太陽なんじゃない?」と助け船を出してくれる。
やさしいですね~。すると女の子の返事が、

女の子「だって『誰が』って聞くんだもん。『何が』って聞いてくれなきゃわかんな~い」

・・・
た、確かに、人じゃないよね。ごめんね。
女の子はしっかりと質問に答えようとしてたんだ。偉いなあ。

後で妻に話したところ
「わかってないわね~女の子は言葉に繊細なんだから」
はい・・スミマセン。

そう言えば「月」を「お月さん」って言ったり、
ついつい子供向けに擬人化してしまうけど
科学館なら上手く使い分けないといけませんね。
勉強になりました。ありがとう。

b0253922_21253770.jpg
写真は
お月さん
2012年5月5日 自宅にて FC-76で撮影
[PR]
by star-feel | 2012-08-08 21:30 | 観測会 | Comments(0)

by star-feel